新着トピックス&セミナー情報

トピックス&セミナー情報

起業相談③~出版を考えている20代女性Cさん

「来月の出版が既に決まっているんです。」

 

そんなご相談から始まった20代女性のCさんは、ご自身の体験談を元にした出版を来月に控えていました。

「起業をしようと思っているのですが、営利法人がいいのか、個人事業がいいのか、NPO法人や一般社団法人等の非営利法人がいいのか、メリット・デメリットが分からないので教えてください。」

出版を控えていらっしゃるのですが、他にもセミナーや勉強会、カウンセリング等の事業を考えていらっしゃるようでした。

一般的に、出版については、非営利法人では34種類の収益事業に該当する、と考えていただくのが安全で、非営利法人として、出版を行うことのメリットは少ないと思われます。出版については会社や個人の名前で行い、会社又は個人の印税収入として確定申告をしていただき、その他のセミナー等の事業も会社や個人事業主として行うのがすっきりすると思います、とアドバイスさせていただきました。ただ、ご本人が考えていらっしゃる事業内容やその想いは、営利事業としての性質になじみにくいようで、セミナーや勉強会、カウンセリング等の事業は非営利法人として行いたい、という気持ちがお強いようでした。

確かに、セミナーや勉強会、カウンセリング等は非営利法人の非営利事業としても成り立ちますので、非営利法人も決してダメではありません。出版の部分(特に印税収入)については、収益事業に該当する、と税務署に判定されるのはほぼ確実であるので、収益事業を行わないNPO法人であれば年間7万円~の法人住民税の均等割りを免除にできる特典も使えなくなってしまいます。


通常型の一般社団法人という選択

 

あまり多くはないかもしれませんが、最終的にCさんは、「通常型の一般社団法人」という選択をされました。

一般社団法人ですので、基本的には非営利法人なのですが、税務上は会社等と同じ扱いとなる「全所得課税」が適用される一般社団法人です。(全所得課税とは、事業収入、入会金や会費収入、寄附金収入、助成金収入、印税収入等全ての収益が課税対象となるものです。)

来月出版される本には法人格名を記載する必要があったため、今からNPO法人を立ち上げる時間はなく、また、営利事業として実施をしていくイメージがしにくい、ということで、通常型の一般社団法人を設立することになりました。

一般社団法人設立は速やかに行うことができたため、出版された1冊目には無事法人名も入れることができました。現在Cさんは複数の出版を行い、テレビやラジオ等のメディアにも引っ張りだこで大活躍をされ、ご自身の体験と想いを多くの方に伝えることに成功しています。

2017年8月21日 17:21